運行バスの新型コロナウイルスの感染予防対策について

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様にお見舞い申し上げます。また懸命な勤務を続ける医療従事者の皆様に心より感謝申し上げます。
加森観光では、国が示した「新しい生活様式」の実践に向けて発表された「新北海道スタイル」安心宣言、「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づき、衛生強化に努めております。
情勢の変化に伴い、お客様、及び従業員の安全を考慮し、営業形態を急遽変更する可能性もございますので、ご理解賜ります様お願い申し上げます。

ご利用のお客様へのお願い

[検温などについて]
・事前にお客様ご自身での検温をお願いいたします。37.5度以上の熱がある方や体調がすぐれない方はご乗車いただけません。
・路線により、乗車前にスタッフが検温させていただくことがあります。
※ご注意ください※
乗車をご遠慮いただいた場合、替わりの交通手段の手配はお客様ご自身で行っていただくことになり、費用はお客様のご負担となります。
体調不良の場合は無理をせずに、ご旅行をお控えください。なお、ご滞在中に体調に変化があった場合は早めにご相談ください。
[ソーシャルディスタンスや座席などについて]
・ご集合時、乗降時は、十分な間隔をおとりください。
・ほかのグループのお客様と相席にならないよう座席数をご用意いたします。ご家族やお連れの方は相席をお願いいたします。
[手指の消毒とマスクの着用について]
・乗車前に手指の消毒をお願いいたします。
・車内でもマスクを着用し、お話の際は小声でお願いいたします。長時間の会話はご遠慮ください。
[飲食などについて]
・車内での飲酒は禁止です。
・車内での食事はご遠慮ください。
・車内で出たゴミはお持ち帰りをお願いします。

バス会社での取り組み
「貸切バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づき、下記の項目について取り組んでいます

・運行ごとの車内換気 : 運行開始前・終了後や待機中は、窓・ドアを開けて換気します
・運行中の車内換気 : 運行中、窓を開けて換気を行う場合がございます(冬季運行期間は凍結防止のため開けないようにします。)
・清掃、消毒作業の強化 : 直接触れる手すりなどは特に念入りに行います
・乗務員の体調管理 : 業務開始前の検温を実施し、手洗い、手指の消毒を徹底し、運行中はマスクを着用します

・日本バス協会が発行しているリーフレットもご覧ください。貸切バスでの対策について
・車内の換気については、下記の実験画像も合わせてご覧ください。換気機能をONにすることにより、約5分で空気が入れ替わります。
参考:大型バス車内換気実験映像(三菱ふそうHPより)※都合によりジャンボタクシー・小型バスなどの運行となる場合がございます。